三重弁

三重の方言『ささって』とは?意味や使い方を例文で解説!

ささってどっか行かへん?

 

このように使われる「ささって」という言葉をご存じでしょうか?

 

「ささって」は、主に三重県で使われる言葉です。

 

何かが刺さっているわけでも、誰かを誘っているわけでもありません。

 

実は「ささって」は、「日にち」を表す言葉で、この言葉の意味を知らないと、「友達と会う約束したのになぜか会えなかった!」という悲劇がおきることがあります。

 

今回は三重の方言「ささって」の意味や使い方を解説します。

 

「ささって」とは?

「ささって」は明後日を表す「あさって」の次の日、つまり、今日より3日後のことを指します。

標準語では、「明日」→「あさって」→「しあさって」といい、3日後が「しあさって」。

三重県では「明日」→「あさって」→「ささって」→「しあさって」と、「しあさって」の前に「ささって」が入るので、「しあさって」は今日より4日後のことになります。

 

ちょっとややこしいですね。

 

 

この「ささって」ですが、実は、三重県の中でも、使う地域と使わない地域があるので、三重県民どうしの会話でも、話が食い違うときがあります。

 

三重県の人と日にちの約束をするときは、必ず「〇月〇日ですね?」と確認することをおすすめします。

 

「ささって」の語源

「ささって」は「さ」+「あさって」で、この頭につく「さ」は次のという意味です。

 

「再来年(さらいねん)」とか「再来週(さらいしゅう)」というときの「さ」と同じ意味です。

 

そういわれてみると納得ですね!

 

では、次に、「ささって」の使い方をみていきましょう。

 

「ささって」の使い方

「ささって」は以下のように使われます。

 

①「しめきり、あさってまでやで。」「え?うそやろ!ささってまでかと思っとった!」

標準語訳:「しめきり、あさってまでだよ。」「え?うそだろ!しあさってまでかと思ってた!」

 

②「ささっての2:00に集合な」

標準語訳:「しあさっての2:00に集合ね。」

 

③「ささって、じいちゃんちに遊びに行くで!」

標準語訳:「しあさって、じいちゃんの家に遊びに行くよ!」

 

例文をいくつかあげましたが、「ささって」は三重県民どうしでも通じないことがある、難易度の高い言葉です。

 

待ち合わせなどのときには、日付をきちんと確認しましょう!

 

「ささって」まとめ

ここまで三重方言の「ささって」についてみてきましたがいかがだったでしょうか?

 

最後に「ささって」についてまとめておきます。

・「ささって」はあさっての次の日を意味する言葉で今日から3日後のことを指す。

・語源は「次」を意味する「さ」+「あさって」

・三重県内でも使わない地域があるので、日付で確認するほうがよい。

 

以上方言「ささって」の解説でした。

-三重弁

Copyright© 全国方言まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.